ひさびさのドラクエ体験:ドラクエ11クリア後感想(ネタバレ含む)

ふと気が付くと前回の更新から1ヶ月以上たっていました。お久しぶりです。

かつて一大ブームを引き起こしたテレビゲームのナンバリングタイトルのドラゴンクエスト11が去る7月29日に発売されました。私はドラクエが好きで1~11のうち、1から6までやりました。

7以降は大人になったこと、CMのパーソナリティがSMAPだったことをきっかけにやめました(筆者はSMAPが昔から嫌いです。ジャニーズが嫌いなわけではありません)。

しかし、ドラゴンクエストヒーローズという作品がプレイステーション4(以下PS4)で発売されたのをきっかけに、9とヒーローズ2もやったので、結果的に、7と8と10(オンライン)以外の作品はプレイしたことになります。

さて、今回のドラクエはすでに300万本売れているそうですが、前評判があまりにもよかったので、ニンテンドーの携帯ゲーム機である3DS版とPS4版両方ハードとセットで買いました。3DS版はクリアしたものの、PS4版は開封すらしていませんという状態ですが、感想を書いていきたいと思います。

 

ドラクエ11の世界

ドラクエ11ドラクエ1~3の世界との関連があります。前情報では、1~3と同様につながりのある4~6を繋ぐ話ということで、評判がよかったので購入しました。しかし、4~6との関連性は、そこまで深くないように感じました。

もっとも、ドラクエの世界のすべてを詰め込んでいるので、「ドラクエのあのシーンだ」と思い出させるようなシーンにそのときのBGMが流れるという仕掛けがほどこされており、童心に帰れるような気持ちでプレイでき、100時間ほど楽しい時間をすごすことができました。

例えば、大事な人との別れのシーンでは、ドラクエ5の主人公の父親パパスとの別れのシーンのBGMが流れます。当時私はまだ子どもでしたが、愛してくれる父親が子どものために命を失うというシーンは感動したのを覚えています。今回のプレイで、その感動が蘇り、2つの気持ちでそうしたシーンを見ていました。

他にも、フィールド画面での音楽にもドラクエ3のBGMが用いられるなど郷愁(?)を思い起こされるもので、若いときにしたドラクエの冒険をよみがえらせてくれました。

さらに、新曲の世界樹の場面で流れる曲も、透明感や癒しを感じさせる曲でとても気に入りましたし、新しい要素も含まれています。

ドラクエ3であった転職がなくなった代わりにスキルパネルというキャラ固有のスキルを得られるシステムが追加されました。ファイナリファンタジー10(FF10)でいうところのスフィアパネルで、決まった成長要素があり、プレイヤーが好きにポイントを振り分け成長させていく仕組みです。

また、良質のアニメーションも今回が初なのではないでしょうか。7以降ではアニメーションが流れるようなのですが、あまり評判がよくなかったようですが、今回は以前ほど悪くないように思えます。

 

ドラクエシリーズに求めるモノ

私は2D型のドラクエが好きで、旧世代のRPGが基本的に好きでした。特に近年のFFシリーズがホストファンタジーと揶揄されるように、グラフィックが綺麗であっても、自分が入り込めないようなファンタジーの世界を求めていません。それは、いわゆる中2病的な「俺って選ばれた特殊能力者なんだぜ、かっこいいだろ?」っていうのが前面に出てくる作品であり、それらは、生理的にだめです。

けれど、ドラクエの勇者は、たとえ選ばれた者であってもそういう直接的で病的な描写がないため、気にならずプレイすることが出来ます。与えられた役割を演じ、実行するだけに近いと感じています。

 

俺TUEEEEも求めてない

ネットスラングで「俺TUEE」(つえーと読む)っていうのがありますが、自分が強くなって雑魚を蹴散らすっていうのも面白いと感じません。特にドラクエのモンスターはかわいいので、いじめ的なものに見えて好きではありません。

ただ、レベルが上がるとどういう風に敵との戦いが変化するのか、楽になったらうれしいというのはありますね。

 

堀井雄二が作ったシナリオの勇者像をひたすらなぞるゲーム

昔はゲームは映画になっていくように思われました。プレイステーションの登場でCGがふんだんに盛り込まれた映画のようなゲームが増えたからです。

だけれども、私は映画のようなゲームは一切求めていません。それなら映画を見ればいいのではないですかね。ゲームがゲームである所以は、自分でプレイしてストーリーを進めるところにあります。ロールプレイするゲームなのですから、与えられた役割とそれに合致するシナリオが欲しい。

その点、ドラクエは中世ヨーロッパの騎士の時代に加えて、特殊な文明や魔法を加えたファンタジーの世界。それに、ちょっとした今の時代の流行を入れているというちょっと不思議な世界。その中で、勇者の血筋を引くもの、選ばれた者が、世界を脅かす魔王を倒すというきわめて単純なシナリオに基づいて進んでいきます。これは、日本のRPGといわれるゲームの基本となりました。この雛形があるので、誰もがみんな気軽にこのストーリーに参加できるわけです。

ところが、RPGは発展の間に、シナリオがどんどん複雑化し、一見してわかりにくくなっていきます。複雑でも、シナリオを進めていく中で、描写があればいいのですが、謎にしたいのか、伏線回収をし損ねているのかわからないような作品が増えて、自分が歳をとった影響もあり、ゲームから離れていきました。

今回のドラクエは、単純なシナリオでありながら、プレーヤーをあきさせないシナリオで、ドラクエ初体験の人でも楽しめるシナリオ展開になっていて大満足でした。

 

問題点 ここからはガチネタバレなので読む方は注意

けれども、今回のドラクエ11、完璧ではありません。シナリオ矛盾を感じられる、手抜きと感じられるところがあります。

(1) 人魚ロミアの物語 人魚ロミアは悲しい運命をたどるのですが、何の説明もなくハッピーエンドになっている。ただしこれは、後日弁明がある模様です。

(2) 幼馴染エマの発言 エマとは作品の一番最初で一緒に冒険するのですが、他のキャラクターが登場して忘れ去られがちになります。それを配慮したのか、後に再開するときに、自ら「私は幼馴染のエマよ」というセリフがたびたび出てくるのですが、これが興ざめすると評判です。

(3) エマとの結婚 ネルセンの試練というほぼ最終のダンジョンの一つで、エマと結婚するという選択肢でその褒美がもらえます。けれど、「告白して来い」などからはじまって進むのならわかるのですが、突然結婚をしたことになってしまいます。故郷に戻ると、結婚式の写真まで貼ってあるという謎展開。非常に困ります。

(4) 結婚への嫌悪感 プレイヤーは、非常に魅力的な女キャラクター3人と一緒に旅をしていて、彼女らは命をかけて主人公である勇者と旅をします。にもかかわらず、幼馴染のエマとの結婚しか選択肢がありません。しかも、エマとのイベントは最初の一回だけであとはプレイヤーの印象には残らないのです。16年の歳月をともにした幼馴染とはいえ、イベントが少なくて結婚したいと思えないのです。

(5) セニカの矛盾その1 伝説の勇者のパーティの要である賢者生まれ変わりとされるセーニャとベロニカですが、実は忘れ去られた塔でセニカは時の番人として存在しています。じゃあ、生まれ変わりじゃないのか、どうなのか、ということに作品中では答えていません

(6) セニカの矛盾その2 セニカはエンディングで過去に戻りますが、過去に戻ると歴史が改変されて現在の世界は無くなってしまうのか、そのまま残るのかなど疑問が残ります。

 

9月29日に生放送で疑問に答えてくれる番組があるそうなので楽しみにしています。そしてもし、ドラクエ11買おうか迷っている方は、買った方がいいですよ(笑)