伝わればいいのか?正しく伝えるべきなのか?英語と日本語とコミュニケーションのパラドックス

こんにちは。きょうちです。近所の方と話してて、英語の話になりました。

 

「英語の知識はあるけど、喋るのはやっぱり苦手」というところから、日本の英語教育について変わり、私も文法の知識はありますが、やっぱり流暢には喋れないですねとお話しました。

 

もっとも、文法も学校の英語教育ではしっかり身に付けさせてくれないような気がしますね。例えば、未来を表す形であるwillですが be going toと一緒と習いました。けれども、正確に言えば、一緒ではありません。

 

というと、「ああ、そうだねという方」と「え、何それ習ってないよぉ」、という方、大体2パターンに分かれます。学校で教えたけれど覚えていないなら、自分自身の責任ですが、教えてもらっていないという場合は困ったものです。なぜならば、基本事項といっても過言ではないからです。

 

ちなみに私は中学生のときに、先生が授業末にベルが鳴る寸前にチラっといったことを覚えていますが、公式に発言したような感じではなかったし、知らなくてもいいという感じでしたので、「そういえば聞いたことある」程度でした。で、その後、wiiはその場で決めた未来、be going to予め決まっていた未来を表すとTOEIC対策の授業を受けて、あ、そういえばと思い出したのです。

 

その時付き合っていた高校生の彼女に、聞いてみました。学校では習っていないとのことでした。一方、そのことを彼女の姉に聞いてみたら、彼女のお姉さんは知っていたとのことでした。学校によって、先生によってかなり違うようです。

 

しかし、この違いを知らなくても、日常会話では困りません。意味は伝わりますから。さらに、母語ではない英語を喋っている日本人ですから誤解があったとしても、容易に訂正できるからです。

 

逆に言えば、流暢な英語を喋る人で、この知識を知らなかったとすると、間違ったことを喋っている可能性が低いと相手にみなされて訂正しにくくなるということです。

 

日本語でもそうですよね。普段正確な日本語を使っている外国人が、後でその言葉はそういう意味ではなかったといわれたら、本当に意図しないでその言葉を使ったのかなと思うでしょう。

 

日本人が日本語を使い場合にでも同様のことが起きます。

 

普段から正しく伝えないほうが、(こういう場面に関していえば)正しく伝わる可能性が高いというパラドックス。面白いような、悲しいようなそんな気がします