ノスタルジックな話に水を差す:本屋

こんにちは、きょうちです。インターネット上でこんな記事を見つけました。

 


読書が好きで、活字文化が衰退しているという割には読む人だと思います。街の本屋さんではめったに買わない私の意見をお聞きください。ここでいう街の本屋さんとは、駅からの立地も悪くなく、小規模の店舗で、いかにも個人が経営しているような、店員数の少ないお店のことです。

 

私が街の本屋さんで買わない理由は2つあります。一つは、サービスが悪く、企業努力が一切感じられないからです。小さな店舗なので書籍数は少ないのは当たり前です。これはしょうがないとして、実物を見に入るような店構えをしていないところがありますね。それに打ち勝って入ったとしても、いらっしゃいませも言わない店員、クレジットカードや電子マネー払いをできるようにしない。現金を持たないので、気軽に本も買えません。

 

もう一つは、利便性です。ない品物なら、大手本屋さんもアマゾンで買ってくださいという位ですからね。配達してくれて(これもたびたび問題になっているけど)、ポイントも付いてとなると、選択肢は一つになってしまいます。

 

とはいえ、私は本屋には平積みされているものを探しに行くので、実際の店舗は絶対に必要なので、大手の本屋さんで買うことになります。もし、街の本屋さんで買うとしたら、目利きの店員のセンスにしたがって買うことになるだろうけれど、そういう売り方をしている小売店って少ないですよね。古書店の、専門書のお店ならそういうわけではありません。その点、神保町は面白いですね。