読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

こんばんは。きょうちです。今日は図書館にこもって読書をしていました。その本がこちら↓↓↓

 

 

早稲田大学の入山章栄准教授が書いているビジネス書で、平易に書かれているものの、アカデミックに記されている点で、たまたま目に留まったので借りてみました。経営学というと、実践の学であらねばならないと経営者の立場からは思います。つまりよい経営学理論は、すぐに役立つような知見を与えてくれて、さらに、よい経営学者は、よい経営者であるという先入観があるわけです。

 

が、学者や理論提唱者たちからすれば、実践から生み出された経験知を理論へと昇華することが目的なわけで、必ずしもよい経営者ではないというのは言うまでもないことでしょう。すべての学者が企業家ではないですからね。

 

経営学を軸に自社のあり方を論理的に分析する。それを元に新たな実践をする。そうあるために、最先端の経営学を紹介するというのが本書の目的の一つです。上述したギャップを埋めて、経営学の有効的な使い方を示唆してくれるのが本書です。

 

まだ全部読みきってはいないので読み終わったら感想を書きますね。