読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝わればいいのか?正しく伝えるべきなのか?英語と日本語とコミュニケーションのパラドックス

こんにちは。きょうちです。近所の方と話してて、英語の話になりました。

 

「英語の知識はあるけど、喋るのはやっぱり苦手」というところから、日本の英語教育について変わり、私も文法の知識はありますが、やっぱり流暢には喋れないですねとお話しました。

 

もっとも、文法も学校の英語教育ではしっかり身に付けさせてくれないような気がしますね。例えば、未来を表す形であるwillですが be going toと一緒と習いました。けれども、正確に言えば、一緒ではありません。

 

というと、「ああ、そうだねという方」と「え、何それ習ってないよぉ」、という方、大体2パターンに分かれます。学校で教えたけれど覚えていないなら、自分自身の責任ですが、教えてもらっていないという場合は困ったものです。なぜならば、基本事項といっても過言ではないからです。

 

ちなみに私は中学生のときに、先生が授業末にベルが鳴る寸前にチラっといったことを覚えていますが、公式に発言したような感じではなかったし、知らなくてもいいという感じでしたので、「そういえば聞いたことある」程度でした。で、その後、wiiはその場で決めた未来、be going to予め決まっていた未来を表すとTOEIC対策の授業を受けて、あ、そういえばと思い出したのです。

 

その時付き合っていた高校生の彼女に、聞いてみました。学校では習っていないとのことでした。一方、そのことを彼女の姉に聞いてみたら、彼女のお姉さんは知っていたとのことでした。学校によって、先生によってかなり違うようです。

 

しかし、この違いを知らなくても、日常会話では困りません。意味は伝わりますから。さらに、母語ではない英語を喋っている日本人ですから誤解があったとしても、容易に訂正できるからです。

 

逆に言えば、流暢な英語を喋る人で、この知識を知らなかったとすると、間違ったことを喋っている可能性が低いと相手にみなされて訂正しにくくなるということです。

 

日本語でもそうですよね。普段正確な日本語を使っている外国人が、後でその言葉はそういう意味ではなかったといわれたら、本当に意図しないでその言葉を使ったのかなと思うでしょう。

 

日本人が日本語を使い場合にでも同様のことが起きます。

 

普段から正しく伝えないほうが、(こういう場面に関していえば)正しく伝わる可能性が高いというパラドックス。面白いような、悲しいようなそんな気がします

人を叩くときにその属性を叩くバカになるな

こんばんは。人生をよりよく生きることを考えて生きてるきょうちです(笑)

 

さて、今日はタイトルの通りのことを書こうかと。これは自戒も含めてです。ウェブで、ときどき現実でも、何か批判したいこと、是正したいことってありますね。またそうした許せないことをたくさん持っている方もいるのを見かけると思います。私もそういう方をよく見ますし、また私自身も気が付かないところでそういうことがあるかもしれません。

 

例えば、嫌いな人がいたら、その人を直接批判するのではなく、その人の属性、性別、信条、性格、経歴、学歴、職歴、家族構成、出身地、趣味などを間接的に批判する、あるいは、その属性そのものを嫌いになってしまう方です。

 

その次に出会った人とその特性キーワードと結びつけて勝手に判断して、「この人はそういう人だ」と決め付けて判断している方見ませんか。同一人物ならともかく同じ人間なんて存在しないのに、確かに似たような人なのかを検証せずに、勝手に判断して、嫌いになったり喧嘩を売ったりする人を私はよく見ます。

 

私は、それを情報処理能力の欠如や欠陥だと思います。かなり強い言葉を使いましたけれど、唯一無二の存在である個人をたったいくつかの属性で判断してしまっておかしいと感じない方は、どこかしら問題があるのではないかと考えてしまいます。

 

もっとも、似たような人だと判断するときにも、どこが同じで、どこが違うのか、常に比較属性を持って自由な視点で見ないと、前に会った人の「のろい」「怨念」に引きづられているのではないでしょうか。

 

そういう生き方って楽しくないですね。他人に引きづられて、自分の個性を見失わないように注意して生きていきましょう。

はてなブログってiPadだと書きにくくない?

こんにちは。きょうちです。

 

1週間ほど更新できなくてごめんなさい。記事を書いてたのですが、iPad上からだと更新しにくく、記事の校閲もできないのでアップロードできずにいました。さらに、アップロードしたい気持ちの旬がすぎてしまって、新しい記事を書くも、同様にアップロードできずの繰り返しでした。

 

次は近いうちに更新しますね!では、また。

おおきな幸せちいさな幸せ

こんにちは、きょうちです。ちょっと前に私の友人が「おまえはちいさな幸せで満足しているからおおきな幸せがつかめないんだ」といわれたそうです。

 

ちいさな幸せは、幸せを見つける習慣をつけたら確実に見つけられるかもしれないですね。もし、よっぽど特殊な環境にいない限り。

 

そんなさいきんの私の幸せは肩凝りが解消されること。むかしはマッサージにいってたのですけれども、マッサージに行ってもあまり効果がないので運動に切り替えましたが、運動できてませんでした。それで肩凝りがつらいつらい。

 

ストレッチを覚えたのでやってみたら、いい感じです。15分でできるので皆さんも試してはいかが。

 

まず、緩めたい肩と首の筋肉を優しく押します。気持ちいい範囲でとどめてください。次に、触りながら、その筋肉を動かしてみます。あくまで痛くない程度にゆっくりとです。それを周辺部に広げていくだけ。私の場合は、それに首と肩をを360度にゆっくりと回す動作を入れています。ヒジを肩より上に上げて普段動かさない方向に動かすのがコツです。

 

ノスタルジックな話に水を差す:本屋

こんにちは、きょうちです。インターネット上でこんな記事を見つけました。

 


読書が好きで、活字文化が衰退しているという割には読む人だと思います。街の本屋さんではめったに買わない私の意見をお聞きください。ここでいう街の本屋さんとは、駅からの立地も悪くなく、小規模の店舗で、いかにも個人が経営しているような、店員数の少ないお店のことです。

 

私が街の本屋さんで買わない理由は2つあります。一つは、サービスが悪く、企業努力が一切感じられないからです。小さな店舗なので書籍数は少ないのは当たり前です。これはしょうがないとして、実物を見に入るような店構えをしていないところがありますね。それに打ち勝って入ったとしても、いらっしゃいませも言わない店員、クレジットカードや電子マネー払いをできるようにしない。現金を持たないので、気軽に本も買えません。

 

もう一つは、利便性です。ない品物なら、大手本屋さんもアマゾンで買ってくださいという位ですからね。配達してくれて(これもたびたび問題になっているけど)、ポイントも付いてとなると、選択肢は一つになってしまいます。

 

とはいえ、私は本屋には平積みされているものを探しに行くので、実際の店舗は絶対に必要なので、大手の本屋さんで買うことになります。もし、街の本屋さんで買うとしたら、目利きの店員のセンスにしたがって買うことになるだろうけれど、そういう売り方をしている小売店って少ないですよね。古書店の、専門書のお店ならそういうわけではありません。その点、神保町は面白いですね。

 

プールで体を動かしました

こんばんは、きょうちです。今日は約半年ぶりにプールに行きました。

 

日常の体がなまる生活から一瞬でも脱却できて、気持ちよかったですね。プールに行くと筋肉が正しい位置に戻る気がするからです。

 

夏に向けて水着になる予定の方も今から始められてはどうですか。

コミュニケーションの時代って?

 私が学生の頃、知合いとフリーのチャットで会話していたら、一人の男性が輪に入ってきた。就活にはコミュ力が大事だという。ずっと就活について語りそうだったので、進学するのでとスルーした。

 

チャットの相手の知合いは、コミュニケーションをテーマに論文を書いていた人だし、私もコミュニケーション論は、ある種の専門である。

 

その男性こそ、話し相手の興味や専攻を気にしないで話し始めるコミュ力のない男だった。どっかのセミナーか新書辺りで得た知識を披露したいだけったに違いない。(そもそもこちらとしては、コミュニケーションを定義してくれなければ話に載れない)。

 

今は、人と人との関わりをしなくてすんでしまう時代だ。進んで言葉のやり取りをしなくてもいいし、苦手・嫌い・利益がないならやりとりしなくてもいい。一方で、ビジネスとなると別だ。また、リアルのコミュニティは別だ。相手の話を聞いて、相手の意図を汲んで話せなくてはならない。

 

ところが、意識的なのか無意識的なのかわからないが、ぜんぜん違う話や論理一貫性のない話をしようとする人がいる。受止め方の違いなのか戦略の違いなのか、思いついたことを喋っているだけなのか、すべて確かに判別しようがなかったが。

 

それに対してどう応答しようか迷う。論理一貫性だけがビジネスにつながるわけではないからだ。とはいえ、まじめでおもしろみのない論理一貫性のある対応がすかれることもある。

 

人と人とのやりとり、意思疎通という意味の、コミュニケーションは非常に漠然としているが奥は深い。